『オニのサラリーマン』富安陽子 文・大島妙子 絵(福音館書店)

『オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ』富安陽子 文・大島妙子 絵(福音館書店)

『オニのサラリーマン じごくの盆やすみ』富安陽子 文・大島妙子 絵(福音館書店)

 

最初に買った『オニのサラリーマン』は、たまたまネットショッピングの「オススメ」に出てきて見つけました。

試しに1冊買ってみたら、面白くて3冊とも揃えちゃったパターンです😆

 

本文は関西弁で語りかけられている、ちょっと珍しい絵本です。(西ご出身の方の読み聞かせを、ぜひお聞きしたい!)

国外の子どもたちが「方言」に触れて「方言とは何か、どんなものか」、触れるいい機会になるかな、とも思います。

 

主人公の平社員・オニガワラが、人間と同じように家族がいて、サラリーマンとして働くという設定が、とてもユニークです。

鬼と言うと怖いイメージが多いですが、人間味溢れるオニガワラは、満員のバスに揺られて出勤したり、仕事中居眠りをして上司のえんまだいおうに怒られたり、人間界の日常そのもの。

『ボーナスカット(!)』とか『帰りにおでんと一杯』とか、社会人だからこそクスッと笑える描写もたくさん入っているので、保護者の方も楽しめると思います!

節分近くに子どもたちに読み聞かせをした時に、お話が面白いだけでなく、各ページ細部まで描かれている絵が見応えがあるので、とても楽しんで聞いてくれました。

「ちょうちんお化け」の絵を見て「ちょうちん」がなんぞやと覚えたり!

日本ならではの文化や習慣も、お子さんにぜひ教えてあげてください。

 

3冊とも面白いのですが、順番に読んでみることをお勧めします。

そして、待望の4冊目が9月に出版予定!

ウチの子どもたちも、新しいお話を楽しみに待っています😊

 

(表紙の写真は、出版社に確認の上 使用しております)

 

立っているのイラストのようです立っている、、「男 ち う は と 陽 富 リ 安 マ 妙 子」というテキストのイラストのようです立っているのマンガのようです

 

Share This