日本語空間「わらく」絵本の選び方

日本語空間「わらく」絵本の選び方

いよいよ明日からルクセンブルグは新学期ですね。 新しい学年・・ お子さんも保護者の方もドキドキされているのではないでしょうか。   さて前回のブログでは、かえるくんが「我が家の絵本との付き合い方」というタイトルでお子さんの様子を紹介していましたね。 図書館で絵本を手に取り、夢中になって絵本を見ているかえるくんのお子さん、その心にはどんな景色が広がっていたのでしょう。   今日は、「絵本の選び方」について書いていきたいと思います。  ...

日本語空間「わらく」我が家の絵本との付き合い方

  9月に入り、2週目が過ぎようとしています。 すでに学校が始まった子どもたち、もうすぐ始まる子どもたちと、新しい1年を迎える時期ですね。   前回のブログでは、がまくんが「親子で絵本を楽しむこと」について書いてくれました。 今日は「我が家の絵本との付き合い方」を少しご紹介しようかなと思います。     ところで、みなさんは「絵本は子どもだけのもの」なんて思っていませんか? かつての私もそう思っていました。   でも、違うんですよ!  ...
日本語空間「わらく」しあわせで実りある 絵本時間

日本語空間「わらく」しあわせで実りある 絵本時間

8月も残すところあとわずかとなりました。 皆さんいかがお過ごしでしょうか。   前回のブログでは、かえるくんが 「子どもが安心感を抱けるような話の聴き方」について書いてくれました。 子どもたちは、大好きなお父さん、お母さんに話を聞いてもらいたい。うんうんって共感してもらいたい。 言葉で表現するのに時間がかかってしまうこともあるかもしれないけど、伝えたい!...

日本語空間「わらく」子どもが家庭で安心感を抱くとき

  夏休みも中盤となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 今年は、いつもと違う夏休みを過ごしていらっしゃる方も多いかと思います。 中には、例年よりご自宅で過ごす時間が長い方もいらっしゃるかもしれません。   そんな中、がまくんが前回のブログで「安心感」について書いてくれましたが、 今日は「子どもが家庭で抱く安心感」について考えてみたいと思います。   子どもは、どのような時に家庭で安心感を抱くのでしょうか。 いろいろ考えられますが、ズバリ、   「親が子どもの話を『聴く』とき」...

日本語空間「わらく」オンラインではできないこと、お子さんにとって大切なこと

今回、コロナという病気を通し、当たり前の生活が当たり前でなくなってしまうという経験を私たちはしました。 自粛期間中、「子どもたちにとって、少しでもいいから、オンラインでもよいから、お友だちの存在を感じて欲しい。学びの時間を提供し続けたい。」 そういう思いからオンライン教室を、3月終わり頃から始めました。オンライン教室を行うのは初めてだった私たちは、まずどの媒体を使おうから始まり、オンラインであっても少しでも子どもたちが楽しみにしてくれるようにやろうと、勉強、改良をしながら夏までやってきました。...

はじめて良かった事とおもちゃ

みなさんこんにちは。がまです。 元気にしていらっしゃいますか? みなさんきっとご家庭で、いろいろと工夫をしながら、子育てを頑張っていらっしゃるのではないでしょうか。 私は、今まで当たり前にできていたことが出来なくなり、お家にいながら何が自分にできるだろうかと、いろいろと考える日々です。 この生活が始まり、「はじめて良かった」と感じている事は、日本語空間わらくのオンラインクラスを始めた事。 この状況になり、こどもたちの心の健康と日本語の維持を心配したかえるくんが、すぐさま立ち上がり、体制を整え、スタートしました。...